バイラル・アーティクル・ルール(情報供用制度)で情報を知識化・知図化する


1、現状を見える化する

2、未来・目標を見える化する

 

3、改善行動を見える化する

4、改善のサイクルを見える化する




現場ダイレクト

情報受発信(取材)ネットワーク

まちづくり市民記者

《四つの権利》ポスティングシステム


歴史・・・・・現状・・・・・未来計画

 生き甲斐のある社会を創るために  

四つの権利

 

 公正安全)であることの権利

知ることのできる権利

 

選ぶことのできる権利

意見を述べることのできる権利 


 生活6分野 個人



生活ビジョン・目標-

-現状・課題

↓↓↓

生活

改善商品サービス

タイムギフト 

 



地域6分野 社会



地域ビジョン・目標-

-現状・課題

↓↓↓

地域

改善商品サービス

タイムギフト

 



仕事6分野 職業



仕事ビジョン・目標-

-現状・課題

↓↓↓

仕事

改善商品サービス

タイムギフト

 




一般のスマートフォンや携帯から、テーマを登録してフォルダーに写真をメール投稿する。

(育成株の状況など)地域で起こっていることを集め、互いに協力し合える情報共有・供用を行う。

現場の状況をリアルタイムに共有したコミュニケーションを行い、共同作業を進める。

地域で起こっていることを時系列で記録・報告する。写真・テキストメモ・音声メモを一箇所に集め、比較検討・判断・手配・・・などを行う。

記録報告はEXCELに記録表として転記され、教育や研究・改善開発などの資料として利用される。